第一章 総則

第1条 この団体は、「柏ジュニアストリングオーケストラ」(以下KJSO)と称する。
第2条 KJSOは、事務局を団長宅に置く。

第二章 目的および活動

第3条 KJSOは、弦楽合奏を中心とした合奏を通じて、児童・青少年がクラシック音楽の素晴らしさに触れ、協調の精神と情操を養う事を目的とする。
第4条 前条の目的を達成するため、KJSOは以下の活動を行う。
  1. 毎月2回の定期練習
  2. 定期演奏会
  3. 市内文化行事への出演協力
  4. その他の演奏活動
  5. 活動内容を団の内外に知らしめるための広報活動

第三章 団員

第5条 KJSOは、弦楽器、打楽器、ピアノ、フルートを演奏でき、団の趣旨に賛同する小学校一年生以上の団員で構成する。
第6条 KJSOへの入団を希望する者は、別に定める届出用紙に必要事項を記入の上、入団を希望する前月末日までに団長に提出し、団長の承認を得なければならない。
第7条 KJSOからの退団を希望する団員は、別に定める届出用紙に必要事項を記入の上、退団を希望する前月末日までに団長に提出し、団長の承認を得なければならない。
第8条 団員が3ヶ月以上の一定期間活動に参加しない場合には、休団の扱いとする。休団を希望する団員は、別に定める届出用紙に必要事項を記入の上、休団を希望する前月末日までに団長に提出し、団長の承認を得なければならない。
第9条 休団中の団員が復帰を希望する場合には、別に定める届出用紙に必要事項を記入の上、復帰を希望する前月末日までに団長に提出し、団長の承認を得なければならない。

第四章 役員

第10条 KJSOは、以下の役員を置くものとする。
  1. 団長
    団の総責任者として団を代表し総覧する
  2. 事務局長
    団長を補佐し、団の活動の企画運営にあたる
  3. 会計
    団の出納の事務を行い、これを記録し、会計報告書を作成する
  4. 渉外
    団の外部との連絡および折衝にあたる。
  5. 会計監査
    団の会計を監査し、これを団員に報告する
第11条 役員の任期は1年とする。ただし、再任を妨げない。
第12条 第10条および第11条に定める役員に加え、KJSOは、演奏技術と音楽性を高めるため、トレーナーを置くことができる。
第13条 トレーナーは団員であることを要しない。

第五章 役員会

第14条 団長、事務局長、会計、渉外およびトレーナーをもって役員会を構成する。役員会は、以下の事項を討議し決定する。
  1. 活動内容および日程の決定
  2. 予算案の策定
  3. 予算に定められた費用の支出
  4. トレーナーの任免
  5. その他団の運営に関する事項
第15条 役員会は団長が招集し、役員の3分の2以上の出席をもって成立するものとする。

第六章 総会

第16条 KJSOは、年1回以上総会を開くものとする。総会は団員をもって構成し、団長が招集する。
第17条 総会は、以下のものからなる。
  1. 年次総会
  2. 臨時総会
第18条

以下の事項は、総会で決定する。

  1. 年度活動計画
  2. 年度予算案
  3. 団費の金額
  4. 役員の任免
  5. 団の解散、活動の停止あるいは休止
第19条 前条に定める事項に加えて、年次総会には以下の議題を提出しなければならない。
  1. 前年度活動報告
  2. 前年度会計報告
  3. 前年度会計監査報告

第七章 会計

第20条 KJSOの会計は、団員が納入する団費により賄う。
第21条 前条の規定にかかわらず、寄付金、補助金その他の収入を会計に充てる事ができる。
第22条 団費は以下のものからなる。
  1. 入団金
    入団後最初の練習までに納入する
  2. 月例団費
    毎月最初の練習日までに納入する、ただし、一括納付を妨げない
  3. 休団団費
    休団中の団員は、前項に定める月例団費に代え、休団団費を納入する
    納入の時期は役員会が別途定める
  4. 臨時団費
    臨時に必要となる経費に充てるためのものとし、金額および納入期限は総会でそのつど定める
第23条 KJSOの会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第八章 雑則

第24条 この規約の改正に当たっては、総会の承認を得なければならない。
第25条 この規約は、2003年4月1日から発効する。
第26条 この規約は、2005年3月28日から一部改正する。